テーマ:カンボジアACT

第3回カンボジアACT 07年図書寄贈

アンクバオ小学校に校舎に続いて図書施設を寄贈してから5年近くになるので、蔵書を充実してもらう事にしました。 こちらは届いた贈呈品に対するお礼の手紙です。 読めないので日本語に翻訳してもらいました。 日本円で約5万円程度の寄付でしたが、・・・ こんなにたくさん こどもたちに届けることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆2003年第2回カンボジア・アンクバオ小学校継続ACT図書館建設事業について

3年前に校舎などを寄贈したカンボジアのアンクバオ小学校へ、第2段階の教育設備を造ろうということになりました。 これには、第1回目の小学校寄贈の新聞記事をご覧になった市貝の赤羽小学校の子供たちが、自分たちの使っている鉛筆やノートなどを届けたいという申し入れが有り、その気持ちを大切にしたいという事から計画が立てられました。 赤羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆2000年第1回カンボジアACT 追記2 笑顔

この最初の海外奉仕活動依頼一緒に手助けをしていただく事になるワールドビジョンジャパンさんとのお付き合いからすべてがスタートしました。 いまでも3人のチャイルドスポンサーとなっていますが、このときには実際にその子供たちと母親に会うことができました。 最近のカンボジアのTVニュースなどを見ると服装がほとんど日本と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆2000年第1回カンボジアACT 追記

初めての海外ACTと言うことで建設した学校の寄贈式典に臨むまでには資金の確保から「どこに何をどのように」など判らない事ばかりで、このときの会長坂本剛ライオンは本当に苦労された。 333B地区で始めてLCIF基金から援助を引き出し、小さなクラブでも何とかやりくりすることができました。 今から9年前の事になります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆2000年第1回カンボジア・アンクバオ小学校建設事業について

私たちは、真摯なボランティア活動で有名なNGO(ワールド・ビジョン・ジャパン)からアドバイスを頂きながら、カンボジアの子どもたちに学校を建てて贈ろうと、これまで実現に向けて努力をしてきました。 中間で搾取される事など一切ないように、自分たちの手で実現させようと、これまで多くの方々からご協力を頂いて、ごらん頂いている写真のとおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア案内

わたしたちのクラブが最初に海外ボランティアを企画した「カンボジア」という国について概略をお知らせいたします。 基礎情報 正式名称: カンボディア王国 首都: プノンペン。人口約100万人が住んでいます。その他20州と特別市。 政治形態: 議会君主制 人口: 900万人以上(1993年現在) 面積: 181,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more