2016年2月28日  宇都宮市長岡公園での桜剪定作業

画像


毎年2月に長岡公園に20周年時に植樹した、約100本の桜の木の選定作業を行います。

20年経つと、小さかった桜も見上げる高さになりました。

年々、剪定作業も高所へと移り、なかなか大変な作業です。

でも、これをしないとテングス病が広がり、せっかくの桜の花が見られなくなってしまうかもしれません。

毎年行っているので、散歩されている方々から労をねぎらって戴けるようになりました。

画像


判りますか?

先端の方にテングス病に罹った枝が見えます。

画像


私達もはじめは見分けがなかなか付きませんでしたが、20年も経つとすぐに見つけられるようになります。

画像


結構太い枝でも、日陰の方は枯れてしまっている事があるので、根本から切り落とします。

花見をしていたり、散歩で下を人が通っているときに枝が落ちたりすると危険ですからね。

画像


市の公園緑地課には毎年、事前に連絡、申請をして許可をいただいていますので、勝手には枝落とし等市内で下さいね。

画像


画像


切り落とした枝は、まとめて処分までします。

画像


途中で飲むお茶も美味しいですね。

今回は、高橋幹事が差し入れてくれました。

画像


画像


最後にまとめて車に積んで終了です。

画像



最後に、記念撮影

画像



同じ公園内にある眺めの良いレストラン

喜楽さんで昼食です。

こちらの先代も市内ライオンズの熱心なメンバーでしたが、先日お亡くなりになりました。

とても立派な方でしたので、残念です。

画像




あとを継がれたお嬢様にシャッターを押していただきました。

お料理もとっても美味しかったです。

是非、ご家族でいらしてみて下さい。

画像




画像


再度、記念写真を掲載

画像


"2016年2月28日  宇都宮市長岡公園での桜剪定作業" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント